×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銀魂動画の元になった漫画の銀魂「ぎんたま」その@

銀魂動画というものについて、チョット興味があって、いろいろ調べてみました。 銀魂動画は、もともと、少年ジャンプに掲載されたマンガの「銀魂」を元に テレビでアニメ化されて、更に人気が爆発しているようです。 銀魂動画については、最近では、youtubeでも、いろいろな動画が配信されてろようで、 更に、この銀魂は注目されているようです。 銀魂動画って何?最初にこの言葉に出会ったときは、さっぱりわかりませんでした。 大体、銀魂動画の読み方は、なんて読むの?ギンカイドウガ?..、その後、銀魂動画は ぎんたま、と読むということに気が付きました。 漫画の銀魂「ぎんたま」は、空知 英秋という漫画家が作ったもので、その内容は、 SFと時代劇が掛け合わされた内容で、銀魂「ぎんたま」には、いろいろな人物が登場し、 いろいろな人間模様が、おもしろく描かれいるようです。

銀魂動画の元になった漫画の銀魂「ぎんたま」そのA

その後、銀魂「ぎんたま」はテレビアニメ化されて、 更に人気が出て、最近では、youtubeによる、銀魂動画の配信がされていて 無料で銀魂動画を楽しむことができるようです。 銀魂動画の元になった漫画の銀魂「ぎんたま」は少年ジャンプの2004年2号から、連載が開始されて、 その後、単行本も発酵されて、2007年12月の時点では、トータル21巻発酵されていて、 銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」単行本だけでも販売部数は、何と、1750万部もあるというから、 スゴイ..ですね。 銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」は、SF時代劇というカタチの漫画で、 人情あふれる、一種のコメディマンガで、設定としては、江戸時代に異性人が襲来して、 幕府に対して、開国を迫る.という、基本的な設定があり、そこに、いろいろな人物が登場して、 物語が進んでゆくのですが、その登場人物が、個性的で、銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」が 人気になった一つの要素でもあるでしょう。

銀魂動画の元になった漫画の銀魂「ぎんたま」そのB

銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」は、基本的には、1〜3話で完結する短編の内容であるが、 内容によっては、引き続き、その内容を長期にわたって、描かれている長編もあるようです。 銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」では、登場人物もさることながら、その作品中に登場する、 様々なアイテムも楽しさの一つになってて、そのアイテムは、実際に、商品化されているものもあり、 そのアイテムの売り上げも大きいようです。 銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」は、その人気と話題性から、インターネット上でも、数多くの いろいろなサイトが存在し、いろいろな角度から、銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」を紹介したり、 ファンクラブのようなサイトであったり、 銀魂動画の元になった銀魂「ぎんたま」に登場するアイテムは宇治銀時丼 であったり、莫迦門(バカモン) という大砲であったり、楽しいものが多く、その点でも、どういうアイテムが登場するか.. も楽しさの一つになってますね。

Copyright © 2007 銀魂動画と漫画の銀魂「ぎんたま